事故にあってしまったら

国家資格による治療

交通事故による治療は病院と整骨院だとどちらが良いのか?

交通事故による治療は病院と整骨院だとどちらが良いのか? まず交通事故治療といっても怪我の具合にもよります。
骨折したり、内臓などへの影響が酷いようでしたら明らかにすぐさま病院に行くべきですが、ちょっとしたむち打ちなどの場合はどちらが良いのか悩むところですよね。
加害者側から言いますと被害者が整骨院に通院すると治療費や慰謝料の負担が増すので、病院での治療を望みます。
整骨院は後遺症のリハビリに行くのは良いでしょう。
交通事故治療で最初に行くのは病院が良いです。
整骨院は医療機関でないので、レントゲンやMRIなどがありません。
そのためまずは病院へ行ってむち打ちなどの痛い所などを検査してもらいましょう。
むち打ちや捻挫など、レントゲンでもわからない怪我は整形外科での治療は湿布を貼って様子を見ましょうという所が多いです。
しかし、湿布だけでは被害者はなかなか後遺症が治らない場合、整骨院でのマッサージなどにより改善される場合も多いです。
整形外科とは違って、整骨院では頻繁に通ってマッサージなどで後遺症を治せるケースがあります。
但し、後々の保険請求などのトラブルの回避のためにも最初に行った整形外科などの病院の担当医師に相談して同意書などを書いてもらって整骨院への治療が望ましいでしょう。

交通事故治療に受けるまで効率的な流れ

保険会社への手続き 交通事故治療を受ける場合は、原則として健康保険が使えません。
治療費は怪我をさせた相手方がすべて支払うべきものであり、健康保険組合の組合員が少しづつ負担し合うものではないからです。
そのため、病院の受付では、必ず交通事故かそうでないかを尋ねます。
交通事故であることを伝えると、保険証の健康保険組合に電話して、担当者から健康保険を使う許可を得るよう求められます。
それがないと、窓口負担額が決められないからです。
 ただ、相手方が任意保険を使うとした場合は、任意保険会社が少なくとも初期の交通事故治療費はすべて支払いますので、任意保険会社の担当者に自分が受診する病院名を伝えておきます。
その際、健康保険を使うよう任意保険会社の担当者から求められることがあります。
その場合も、そうでなくても、健康保険を使うようにしておいたほうがいいでしょう。
健康保険組合に電話して、担当者から許可を得ておきます。
それから病院の窓口に向かうという流れになります。

recommend

2017/8/24 更新

新着情報

◎2017/5/17

受けられる主な損害補償
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

交通事故治療のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/1/6

交通事故治療・むちうち治療
の情報を更新しました。

「事故 整骨院」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/yqzgw6vd/olivesprings.org/seikotu.html on line 112

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%80%80%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/yqzgw6vd/olivesprings.org/seikotu.html on line 112