事故にあってしまったら

受けられる主な損害補償

交通事故治療を鍼灸院・あん摩マッサージ院で受けた場合

交通事故治療を鍼灸院・あん摩マッサージ院で受けた場合 交通事故でケガをしてしまうと、そのケガの治療が終わっても痛みやしびれなどの後遺症が残ってしまうケースがあります。
むちうち症の腰痛や首の痛みは交通事故の後遺症の代表です。
鍼灸院やあん摩マッサージ院の中には、交通事故治療・とりわけむちうちなどの後遺症の治療が得意な治療院があります。
交通事故の被害者は、被った損害について相手に損害賠償請求することができます。
賠償請求できる内容はとても細かく分かれていますが、ケガの治療費は積極損害として基本的に実費で請求できることになっています。
実際にいくら損害賠償請求するかについては、相手方、多くの場合相手が契約している自動車保険の会社との話し合いである示談交渉で決定します。
相手の保険会社からは、鍼灸院やあん摩マッサージ院で受けた交通事故治療については日数に含めないと支払いの打ち切りを宣告されることがあります。
しかし、交通事故のケガや後遺症の治療として必要なものであれば、鍼灸院・あん摩マッサージ院での治療についても交通事故治療として請求日数に含めることができます。

交通事故治療で受けられる主な損害補償

交通事故治療で受けられる主な損害補償 交通事故に遭ってしまった際には、さまざまな損害補償を受けることができます。
加害者側からの慰謝料はもちろんですが、それ以外にも交通事故治療においての損害補償を受けることが可能なので、知っておきましょう。
まず、治療費用です。
これは、交通事故治療に掛かった実費を補償してもらうことができます。
治療には、さまざまな費用が掛かってきます。
自分で負担しようとすると大きな負担になってしまうため、交通事故に遭った際には補償を利用するようにしましょう。
次に、入院雑費や、通院する際に掛かった交通費などを補償してもらえるということが挙げられます。
入院していると、家にいられないためにさまざまな雑費がかかってきます。
さらに通院となると、自宅から病院までの往復の交通費がかかってしまうでしょう。
そのため、交通事故治療で入院や通院となった際には、これらの金額を補償してもらうことが可能なのです。
その他にも、休業損害というものがあります。
これは、事故に遭ってしまって働くことができなくなった場合、1日あたりの給料の平均額を計算し、休んだ日数分の金額をもらうことができるという補償です。
このように、さまざまな損害補償があるので、知っておくと良いでしょう。

新着情報

◎2017/5/17

受けられる主な損害補償
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

交通事故治療のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/1/6

交通事故治療・むちうち治療
の情報を更新しました。

「交通事故 損害」
に関連するツイート
Twitter

~大阪の交通事故弁護士~ 損害保険会社から、お仕事をいただかない弁護士 the-law-office.jp/blog/1281/

Twitter岸正和法律事務所@the_law_office_

返信 リツイート 17分前

交通事故で物を破壊するというのは直接的な損害です。見た目でわかる賠償箇所ですが、モノを壊されたことによって目に見えない間接的な損害もあるんですよ!!

交通事故は気をつけていても巻き込まれたりするけど、名誉毀損で訴えられることなんか、モラルを欠いた行動をしたけりゃ起こらないからね。 表現の自由はあるけど、自由には責任が伴うことをお忘れなく。損害賠償で人生をフイにしないよう気をつけて。

短期消滅時効~3年の時効期間の例~☆医者・薬剤師などの費用・手数料☆建築工事などの請負人の工事に関する債権☆交通事故・暴行事件など不法行為による損害賠償請求権☆不法行為による慰謝料請求権☆約束手形の振出人に対する所持人や裏書人の支払い請求権

Twitter消滅時効・援用代行センター@syoumetujikouen

返信 リツイート 15:42

RT @0o2441: 【自損自弁】双方に損害が生じている交通事故等で、お互いに自分の損害は自分で負担して相手には請求しない、という解決方法。無保険車やトラックやタクシーが好んでこの解決を提示してくる。

色々読んだけど、判タ38号、青本、簡易裁判所における交通損害賠償訴訟事件の審理・判決に関する研究の3冊が、交通事故に関してコンパクトにまとまっていて便利だと思う。

小さい頃を思い出していたんだけどよく無事にここまで来れたなってめちゃくちゃ思う 自転車で爆走⇒交通事故、轢いたのがおばあさんとかだったら損害賠償地獄 高所からの飛び降り⇒脊髄損傷の危険 アリとか食べる(友人)⇒食ったのがカタツムリだったら寄生虫で意識喪失の危険

東京地判令和2・2・25(2020WLJPCA02258007〔平30(ワ)18314号〕):Y2(日本法人)雇用、Y1(日本法人)出向中のX1が、マレーシア出張中交通事故に遭ったことから、Yらに対し損害賠償等支払請求。通則法20条の「当事者」には民法715条等に基づき責任を負う者は含まれないとし、マレーシア法を選択(同法17条)。

Twitter横溝 大(Dai YOKOMIZO)@Daiyoko

返信 リツイート 昨日 10:45

交通事故が原因で仕事を休まなければならなかった場合、休んだ分の給料は休業損害として相手方に請求できます。 休業損害の請求に必要な「休業損害証明書」の書き方について解説しました。 best-legal.jp/closed-damage-…

Twitterリーガルモール編集部@あなたの困ったが解決する法律メディア@legal_mall

返信 リツイート 昨日 10:33

おはようございます。今日は年に3回ある主婦休みの日です、いつもお疲れ様です。内閣府によると主婦業は年収換算で300万円だとされています、交通事故の休業損害もちゃんとあたりますが車にはあたらないように気をつけてくださいね。 それでは本日もよろしくお願いします💪