事故にあってしまったら

国家資格による治療

交通事故治療は通院期間が長いとどうなる?

交通事故治療は通院期間が長いとどうなる? 交通事故に遭って、怪我をした場合には病院で診てもらうことになりますが、事故当日に症状が軽いからといって、病院に行かないということは、なるべくなら避けるべきです。
できるだけ事故の当日に病院で診てもらって、医師の判断で大丈夫そうならそれで構わないわけですし、日にちが経ってから症状がひどくなってくることは多々あることなので、まず初期段階で診察してもらっておくに越したことはありません。
交通事故治療には時間がかかることがありますから、まずは初期の段階で軽傷でも、徐々に痛みが増してくることは多いです。
ですから、交通事故治療期間が長くなることは珍しくはありません。
それでも、あまり長い期間の治療になると、自動車保険会社の調査が入ることがあります。
長期治療で、症状が改善しない状態で、良くもならなければ悪くもならない状態の場合、症状固定といって、一旦治療をお終いとする場合があるからです。
半年以上の治療になると、症状固定で改善がないと判断されると、保険会社もそれ以上の治療が必要なのか、保険での治療費の支払いを精査する可能性があるのです。

交通事故治療でよくあるトラブル

交通事故治療でよくあるトラブル 交通事故で怪我を負ったときに、まずやることは警察を呼んで事故証明をすることと、医師のいる病院でレントゲンを撮って診断を受けるということです。
むちうちの場合は、そのときは痛みがでなくても、あとから痛みがでるのはよくあることです。
そのときになにもせずに家に帰ってしまったら、あとから治療をしてもそれは交通事故治療とは認められずに医療費を受け取ることもできません。
また適切な治療を受けるときでも、医師のいる病院で受けることが必要です。
よくあるトラブルでは鍼灸治療をしたとか接骨院で治療をうけた場合です。
いくら交通事故治療だと主張してもそれが正しい治療として認められないこともあり、医療費を払ってもらえないケースがあります。
さらい後遺症が残った場合であっても、医師の症状固定の診断がなければ後遺症として認めてもらえず賠償金が支払われないという結果になります。
ですからどこで治療をうけるかによって、自分の主張が通らないというケースがあるので気を付ける必要があります。

新着情報

◎2017/5/17

受けられる主な損害補償
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

交通事故治療のトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/1/6

交通事故治療・むちうち治療
の情報を更新しました。

「事故 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/yqzgw6vd/olivesprings.org/tolovel.html on line 100

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/yqzgw6vd/olivesprings.org/tolovel.html on line 100